ようこそ、プラストークンファンへ

知っておきたい「トークンエコノミー」への変貌

仮想通貨は投機対象から利用価値へ

仮想通貨という言葉もすっかり市民権を得た感がある。とはいえ、流出トラブルや投機熱もあいまって、注目されるのは価格の上下や変動の大きさなど、資産価値ばかりだ。しかし、仮想通貨とは、投資目的のものなのだろうか?仮想通貨を支えるブロックチェーンは、既存の技術では叶わなかったさまざまな仕組みを可能にする技術であり、その本質は、仮想通貨の投機熱にとどまるものではないと考えています。

ブロックチェーンの恩恵

法定通貨は国の信用が担保し、仮想通貨はブロックチェーン技術が担保することになります。第三者を介さない直接取引は生産者と消費者の距離を縮め、商品・サービスとの関わり方は変容します。金額の大小に関わらない小額決済。締め日のない即時決済。耐改ざん性の高いセキュリティー。を可能にします。仮想通貨が日常生活に浸透すれば商品やサービスごとに、つまり共感者ごとに通貨を使い分けるようになります。仮想通貨(=トークン)がひしめき合い、そこには円やドルの経済圏とは異なる小さな経済圏が大量に生まれてきます。この状態を「トークンエコノミー」と呼び、それこそがブロックチェーンがもたらす真の恩恵だといえます。

トークンがもたらす新たな経済圏へ

トークンエコノミーが社会に浸透すれば、これまで存在しなかった新しい消費者と生産者の関係性が変化し、企業に属さずに複数の収入を得る働き方が生まれてきます。個々の才能に価値を感じた人はそれを購入する。プラストークンはトークンエコノミーがもたらす、まだ誰も見たことのない経済の循環を可能にする要員数を1000万人と定め、この構成員により成し遂げようとしています。

PLUS TOKENのロードマップ


PLUS TOKENの魅力

到達目標の達成 2022年までのロードマップに表明されているように、新たなプラス トークンによる経済圏を形成するための活動になります。 1000万人のプラストークンユーザーが確保され次第、複利運用は終了され 新たな経済圏での収益配当に転換されます。
高配当 トークンウォレット(財布)によりビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を日利0.3% 月利10%ずつ増やしてくれる
資産運用に最適な究極のウォレットアプリです。 BTC・XRP・EOSは複利運用が可能です。
ダブルインカム ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を月利10%づつ増やしつつ預け入れ通貨の値上がり益も同時に期待できるダブルインカムのウォレットです。

トークン発行枚数の上限

プラストークンユーザーは、
分配収益とキャンディー(ボーナス)の1億6千万枚を
上限として保有することになります。


利益配当の仕組み

利益配当イメージ 毎月の配当10%はトークンで受け取り、毎日暗号通貨に両替することで、ユーザーの資産は拡大します。

配当を両替するユーザー数は拡大し続け、トークンの価格は下降することなく、発行枚数を増やしつつも、上昇し続けることになります。

配当は取引収益と、トークン価値の上昇に よる含み益で配当を上回ることが出来ます。 よって、配当を継続的に実現できトークンエコノミーを成長させる究極の仕組みと言えます。

2018年2月に14000ETHの私募債による資金調達を行いましたが当時トークンは 0.4ドルで交換されました。
現在(2019年6月)のトクークン価値は120ドルを超える価値に成長しています。

Ai-Dog配当は複利運用が可能

100万円単利運用の場合
元金100万円は一月当たり単利10%の場合は
毎月10万円の配当が加算されます。
1年後には
100万円が 220万円に。
100万円複利運用の場合
元金100万円は一月当たり複利10%の場合は
毎月10万円の配当が翌月の元金に加算されます。
1年後には
100万円が 313万円に。

※複利運用は元金がイーサリアムのみになります。

単利(青)と複利(赤)
12ヶ月後には
単利と複利の差は93万円になります。
令和元年から起算して、複利運用終了の38ヶ月後には!
複利の場合令和元年に運用した
100万円は38ヵ月後には3740万円
に膨れ上がります。

20世紀最大の物理学者、アインシュタインが「人類最大の発明、それは複利だ」と言ったように複利のパワーは途轍もない。

プラストークンのダブルインカム


プラストークンの取引所上場

2018年11月プラストークンを売買できる取引所「psEX」をシンガポール金融局の認可を得てSTO取引所として公開されました。

これにより、プラストークンを他の暗号通貨に自由に両替することが可能になりました。

プラストークンが、STO取引所に上場した意味は大きく、セキュリティートークン(証券)として認められたことになります。STOとは、「セキュリティートークンオッファリング」の略で従来のICOとは異なる、株の「有価証券」と同等の法規制が適用されています。

その為、STOは従来のICOとは異なりシンガポールの金融局等の下で監視されるようになり証券取引などと同様に金融商品取引法が適用されます。よって、STOではICOよりも安全かつ厳格に証券として実施できるメリットがあるのです。

上場以来、トークン価値は安定的な上昇を遂げています。

世界に向けたプロモーション活動

2018年8月NYタイムズスクエアのナスダック電光板に プラストークンの描く未来を告知しました。 2018年9月韓国においてWBF(世界ブロックチェーンフォーラム)開催されプラストークンの未来について提唱されました。
2019年2月PSEXの共同創立者であるLeoは、英国でチャールズ王子に出会いました。ブロックチェーンが未来経済にいかに役立つかを伝えました。 2019年4月東京にて「TEAMZブロックチェーンサミット 」が開催されブロックチェーンが織り成す未来について提唱されました。「psEX」としてサミットにスポンサナイズしました。

利用者の声

神奈川県相模原市自営業 Mさん
初めて6ヶ月がたちました。当初は半信半疑でしたが3ヶ月目から確信に変わりました。念のため出金も試しましたがとてもスムーズにビットバンクに移せました。プラストークンの活動内容が計画通りに進んでいてとても期待できます。新たな経済圏が創られてゆくのだろうと感じています。早く1000万人のユーザーで構築できれば何か大きな変化が起こるのかもです。
兵庫県西宮市OL Kさん
FXを1年前からやってましたが、ハラハラドキドキの毎日で、利益もそこそこでした。プラストークンは相場には直接関係しないので定期預金のような感覚で参加しています。紹介は苦手なので一切していなかったのですが、スマホの配当を見せるとFX仲間の2人が友達が参加しました。配当が翌日から確認できるので友人も喜んでいます。
東京都渋谷区会社員 Mさん
当初はとても戸惑いました。調べると、HYIPやポンジ案件とか批判的情報ばかり!紹介してくれた友人を信頼して11万円からやってみました。今は順調に毎日配当があり楽しみで仕方ありません。パート代の半分をプラスに投資して今や毎月8万づつ増えています。毎日、2分の操作で複利運用ができて最高の副業です。ママ友も参加して喜んでくれています。
東京都西東京市主婦 Tさん
仮想通貨の魅力にハマリ投資を始めたが6割減で塩漬け状態でした。回復までにはまだまだ時間がかかる思っていたところ、プラストークンをネットで知りました。サポートがしっかりしているこのグループに参加して正解です。説明会にも参加して、他のユーザーさんの生の声も聞けて自信がつきました。今月には6割減を解消できるところまで回復でき感謝です。

PULS TOKEN FUN サポート

プラストークン

タイトルとURLをコピーしました